初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エリアス、手術から順調に回復

エリアス、手術から順調に回復

エリアス、手術から順調に回復

前戦終了後の20日に、腕の上がり症の手術を受けたトニ・エリアスが、順調に回復し、2戦連続表彰台獲得を狙うことを強調した。

「アレックス・クリビーレやカルロス・チェカ、ルベン・チャウスなど多くのライダーたちの担当医でもあり、腕の手術の専門医でもあるバルセロナのミル医師に、手術をしてもらった。とても早かったよ」と説明するエリアス。

「正直、それほど大きな問題ではなかったんだけど、あまり状態が良くなかったし、早かれ遅かれ手術が必要だった。それに手術後7日間はトレーニングができないことは分かっていたけど、今回の2週間のブレーキを利用した。今では通常のトレーニングも消化しているし、手術した腕の状態もいい。」

「今は早くコースインしたい。ル・マンのウオームアップ中に壁に激突して、ホンダから代理のバイクを用意してもらっただけで、それ以外に新しいパーツを提供されていない!」

「冗談はここまでで、これまでと同じパーツで僕たちは仕事に取り組む。ル・マンに延滞してテストを実施し、手応えを掴んだ。明日からが楽しみだ。」

Tags:
250cc, 2004, GRAN PREMIO CINZANO D'ITALIA, Toni Elias

Other updates you may be interested in ›