初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

イェンクナーが初ポールポジション奪取

イェンクナーが初ポールポジション奪取

イェンクナーが初ポールポジション奪取

シリーズ第4戦イタリアGP(Gran Premio Cinzano d'Italia)の予選2日目が5日、ムジェロ・サーキットで行われ、ドイツ人ライダーのスティーブ・イェンクナーがキャリア111戦目で初のポールポジションを奪取した。

5日前に28歳の誕生日を迎えたばかりのベテランライダーは、午前中のフリー走行で昨年パブロ・ニエトが樹立したサーキットベストラップを更新。さらに、公式セッションのラストアタックで昨年のポールシッター、ケーシー・ストーナーを上回っただけでなく、自らベストラップを更新する1分58秒575をマークした。

初日は24番手だったストーナーが2番手に入り、KTMに最高位グリッドをもたらせば、ルーキーのマッティア・パシーニが初のフロントロー3番手を奪取。2戦連続3度目のトップグリッドを狙ったアンドレア・ドビツィオーソは4番手だった。

2列目にはロベルト・ロカテリ、ミカ・カリオ、エクトル・バルベラ、ホルヘ・ロレンソが並び、2年ぶりに表彰台を狙う宇井陽一は14番グリッドから明日の決勝レースに臨む。

Tags:
125cc, 2004, GRAN PREMIO CINZANO D'ITALIA, QP2

Other updates you may be interested in ›