初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポルト、シーズン初優勝

ポルト、シーズン初優勝

ポルト、シーズン初優勝

シリーズ第4戦イタリアGP(Gran Premio Cinzano d'Italia)の決勝レ-スが6日、ムジェロ・サーキトで行われ、セバスチャン・ポルトが02年9月リオGP以来の優勝を飾った。

予選トップ3のポルト、ダニ・ペドロサ、ランディ・ド・プニエの三つ巴のバトルが展開。終盤、ルーキーのペドロサが徐々に遅れ、優勝はアプリリアのファクトリーマシンを駆ける2人の争いとなったが、最終ラップ、シリンダーが破損したためド・プニエが急失速。開幕戦からクラストップの速さを見せていたポルトが、今シーズン初優勝を挙げた。

3位ペドロサと4位を独走していたマヌエル・ポジャーリが、それぞれゴールライン直前でド・プニエを抜き、表彰台を獲得。前戦で右足親指を骨折したフォンシ・ニエトが僅少差でトニ・エリアスを抑えて6位でフィニッシュし、ロベルト・ロルフォ、アレックス・デ・アンジェリスが続いた。

日本人トップは9位の青山博一。14番グリッドからスタートした松戸直樹はオープニングラップで25位まで後退。そこからポジションを奪回して16位でゴールすれば、関口太郎は21位だった。

ポイントランキングでは、ド・プニエが73ポイントでトップをキープ。ペドロサが3ポイント差、ポルトが23ポイント差で追う。

Tags:
250cc, 2004, GRAN PREMIO CINZANO D'ITALIA, RAC

Other updates you may be interested in ›