初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、早期解決を約束

ブリヂストン、早期解決を約束

ブリヂストン、早期解決を約束

タイヤメーカーのブリヂストンはシリーズ第4戦イタリアGPの決勝レースで起こった中野真矢と玉田誠のトラブルに関して、MCスポーツ推進ユニットリーダーの山田宏は、「私たち全員にとって苦い経験」だったことを明かし、早期の原因追求をすることを約束した。

「コース上の最も速い区間でひどいクラッシュに見舞われた中野選手と、表彰台獲得の機会を逃した玉田選手に大変申し訳なく思います。私たちにとってせめてもの救いは、両ライダー共にケガをせずに済んだということです。」

「あのようなトレッドの一部が剥がれ落ちるトラブルは極めて稀なことで、予選では全くトラブルのない安定した走行を見せていた時には、私たちはこの過酷な高速コースを十分に管理下に置いていると確信していました。」

「私たちのタイヤはレースコンディションに類似した路面や気温で特に高い性能を発揮するように見えました。玉田選手がトップに立ち、バレンティーノ・ロッシのアタックを耐えていたことは、私たちのタイヤのパフォーマンスが良かったからだと思います。」

「その後に発生したことは予想外のことでした。私たちは今回の出来事を慎重に究明します。コンストラクションの弱点を見つけ、早期に問題解決を図ります。」

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›