初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

回想: 03年カタルーニャGP 決勝レース

回想: 03年カタルーニャGP 決勝レース

回想: 03年カタルーニャGP 決勝レース

03年カタルーニャGPは、地元カタルーニャ出身のダニ・ペドロサが今シーズン3度目の優勝を飾り、スペイン国内を興奮にさせた。

ゴールラインまで熾烈なバトルが繰り広げられたが、最後はペドロサが、スパーリングとして数週間前に行われたスペイン選手権カタルーニャ・ラウンドに参加したスイス人ライダーのトーマス・ルティとアレックス・デ・アンジェリスを僅少差で制した。

連勝を狙ったルーチョ・チェッキネロは、一時トップに立つがマシントラブルのために戦列を離れると、ケーシー・ストーナーと宇井陽一はトップ争い中の10ラップ目、11ラップ目にそれぞれ転倒リタイヤ。16ラップ目にはエクトル・バルベラとアンドレア・ドビツィオーソが接触。ラスト3ラップにはポールポジションのパブロ・ニエトが転倒し、続々と優勝バトルから脱落していった。

125ccクラスに復帰した00年王者ロベルト・ロカテリは、23番スタートから今シーズンベストの10位でフィニッシュ。チームメイトの02年王者アルノー・ヴァンサンも14位でゴールし、初めてKTM2台が同時にポイントを奪取した。

通算100戦目を迎えた東雅雄は22位だった。

Tags:
125cc, 2004, GRAN PREMI GAULOISES DE CATALUNYA

Other updates you may be interested in ›