初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

玉田誠、暫定3番手の好発進

玉田誠、暫定3番手の好発進

玉田誠、暫定3番手の好発進

前戦イタリアGPでは、好スタートからアグレッシブな走りで地元制覇を狙うマックス・ビアッジとバレンティーノ・ロッシと激しくバトルを繰り広げ、中盤まで優勝争いの主役を飾っていた。しかし、14ラップ目、タイヤトラブルが発生し、リタイヤを決断した。

それから5日後、シリーズ第5戦カタルーニャGP予選初日に臨んだ玉田は、タイヤテストに取り組み、周囲の心配を跳ね返すように暫定3番手を確保した。

「予選は3番手と前回の流れをそのまま持ってきているけど、決勝レースへのセッティングが全くできていないので、そのあたりがちょっと不安です」と暫定ポールのセテ・ジベルナウから0.774秒差と好ポジションにつけた。

リタイヤの原因となったタイヤに関しては、特別に心配していないことを示した。「僕たちはアクジデントへの対策で、ブリヂストンはいろいろなタイヤを持って来ています。今、そのタイヤを試しているところで、別にあまり気にしていないです。」

Tags:
MotoGP, 2004, GRAN PREMI GAULOISES DE CATALUNYA

Other updates you may be interested in ›