初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

最年少表彰台獲得ライダー、ミランドリが手術へ

最年少表彰台獲得ライダー、ミランドリが手術へ

最年少表彰台獲得ライダー、ミランドリが手術へ

マルコ・メランドリが、予定を早めて腕の手術に踏み切る決断を下した。

イタリアンライダーは2週連続のグランプリを終え、前腕の上がり症を治療するために16日、バルセロナ市内の病院で専門医の手術を受ける。

「カタルーニャでは激痛に耐えながら走った。これは決して良くないことだ。僕の個人マネージャーであるロリス・レッジアーニと幾つかの可能性を検討した結果、ここバルセロナで手術をすることに決めた。この水曜に手術を受ける。アッセンには100%の状態で臨めないだろうけど、医師からは走れることを約束してくれた。リオには僕のフルポテンシャルを十分に発揮できるだろう。」

メランドリは前腕の痛みに耐えながら、ベストパフォーマンスを披露。最高峰クラスで初の表彰台を獲得した。「走る前からいいレースができる自信があった。右前腕が痛くて厳しいレースだったけど、暑さとグリップ不足が間接的に僕をサポートしてくれた。スタートは良くなかったけど、集中して冷静に走り、何人か抜くことができた。」

「前を走るビアッジが大きくスリップしていることに気付き、パスすることができた。チェカが接近してきた時には、プッシュして抜かれないようにした。長く待ち望んだこのリザルトに大満足だ」と満面の笑みを浮かべるミランドリは、MotoGPクラスで歴代最年少表彰台獲得ライダーとなった。

Tags:
MotoGP, 2004, GRAN PREMI GAULOISES DE CATALUNYA, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›