初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥーハン: 「シュワンツの引退は時期尚早だ」

ドゥーハン: 「シュワンツの引退は時期尚早だ」

ドゥーハン: 「シュワンツの引退は時期尚早だ」

ミック・ドゥーハンは、シリーズ第5戦カタルーニャGP(Gran Premi Gauloises de Catalunya)の際に行われた90年代の王者たちによるプレスカンファレンスで、尊敬するケビン・シュワンツの引退は早過ぎたことを語った。

シュワンツは93年にウェイン・レイニーの4連覇を阻止し、初タイトルを獲得。その後は相次ぐ負傷に苦しみ、95年に引退を決断した。

「チャンピオンシップにやって来た時、彼らは不可能なことをやっていた」とシュワンツとレイニーを評価する5冠のドゥーハン。

「彼らが限界で毎コーナーに進入するのを見たとき、コースアウトするんじゃないかと思っていた。特にケビンがそうだ。驚かされるアクションだった。レイニーの速さと安定性には驚いたけど、ケビンのトップスピードは抑えきれないものがあった。引退は時期尚早だったと思う。」

Tags:
MotoGP, 2004, Mick Doohan

Other updates you may be interested in ›