初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ハードスケジュールを敢行したスズキのテストライダー

ハードスケジュールを敢行したスズキのテストライダー

ハードスケジュールを敢行したスズキのテストライダー

グレゴリオ・ラビーリャは、ハードな2週間で存在感をアピールした。2週間前は鎖骨を骨折した加賀山就臣の代役に指名され英国スーパーバイク選手権に参戦。第2ヒートで3位表彰台を獲得すると、先週には地元で開催されたカタルーニャGP(Gran Premi Gauloises de Catalunya)にワイルドカードとして最高峰クラスに初参戦。新型パーツを搭載したプロトタイプGSV-Rの開発に取り組んだ。

決勝レースでは途中リタイヤしたが、翌日には合同テストに参加。スズキとブリヂストンの開発テストに専念した。

「レースウイークを通して、リアに別タイプのサスペンションを搭載した新型マシンをテストした」と元スーパーバイク世界選手権ライダーは説明する。

「レースウイーク中に、この仕事に専念するために僕は呼ばれた。そして月曜には、ミシュランとのタイム差を短縮するためにブリヂストンが用意した数種類のタイヤテストに取り組んだ。」

「タイヤが無くなってしまったから、テストは短時間で終了した。ムジェロでのトラブルは、ここではそれほど大きく影響しなかったし、午前中には、このままの流れ仕事を継続することを再確認した。」

ラビーリャがスーパーバイク世界選手権とMotoGPの違い。そして、将来の計画について語った独占インタビュー閲覧を希望する方は、ビデオリンクへアクセスしてください。

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›