初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥーハン、ビアッジを批評

ドゥーハン、ビアッジを批評

ドゥーハン、ビアッジを批評

ミック・ドゥーハンは7年前、500ccクラスのタイトル争いを繰り広げたマックス・ビアッジに対して、「チャンピオンシップを制覇する可能性はない」と強烈に批判した。

ビアッジは今週末、最高峰クラス通算100戦目に挑むが、ドゥーハンは、彼のこれまでのキャリアは常に安定性が欠如しているために、例えホンダRC211Vを駆けても、夢は叶わないことを指摘した。

「何度、ビアッジのあのような状況を見たことか分かりません。彼はヤマハでも、ホンダでも、勝利を挙げることができますが、その以上なことはできません。成功の連続性がなく、安定性に欠けています。」

「バレンティーノ・ロッシのように圧倒的な支配力のあるライダーが離脱すると、困難な状況となります。過去、ヤマハはチャンピオンシップを制覇していました。しかし、レイニーのアクシデント後、タイトルを獲得していません。」

「このスポーツは、バイクだけではありません。ライダーが違いを示すことを要求します。彼は常にホンダのライダーでしたが、私たちのライダーがより速く、最後には常にスペクタクロの主役となるバレンティーノに対抗できるように私たちは働かなければいけません。」

Tags:
MotoGP, 2004, GAULOISES TT ASSEN, Mick Doohan

Other updates you may be interested in ›