Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、『大聖教』へ

ロッシ、『大聖教』へ

ロッシ、『大聖教』へ

バレンティーノ・ロッシが、ロードレース界の『大聖教』でのレースを心待ちにしている。MotoGP王者は、チャンピオンシップがスタートした49年から毎年欠かさず開催されてきたアッセン・サーキットで走ることを名誉に感じ、歴史的なコースに対して特別な感情を抱いていることを示した。

「アッセンは誰もが喜ぶ、実に素晴らしいコース。あそこで走ることは感動的なんだ。他のレースとは全く違うからね。それに、とても古く、歴史的なコースで、他のコースのようにコンピューターでレイアウトされていないんだ。」

「未だにTT(ツーリスト・トロフィー)と呼ぶし、常にTTで走ることに光栄に感じる。M1ではまだ走ったことはないけど、バイクは操作性が優れ、コースは全てがコーナーだから、上手く走れるだろう。」

「アッセンの大きな問題は、雨が降る、降らないではない。いつ雨が降るかだ。まだウェットでは幾つかの問題が解決されていないし、セテと彼のバイクはレインではすごく速い。僕たちよりも速いのは確かだ。だから、ドライレースになることを期待したい。」

さらに、ロッシは97年のレースをベストレースの1つと強調する。「アッセンにはいい思い出がある。125ccクラス時代の97年には7人のライダーたち(眞子智実、坂田和人、上田昇、宇井陽一、ホルヘ・マルティネス、徳留真紀、ロベルト・ロカテリ)とハードなバトルを繰り広げたファンタスティックなレースだった。僕のキャリアでの最高のレースの1つだ。あのようなレースをもう一度再現したいよ。」

Tags:
MotoGP, 2004, GAULOISES TT ASSEN, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›