初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPライダー、アッセン上空を見上げる

MotoGPライダー、アッセン上空を見上げる

MotoGPライダー、アッセン上空を見上げる

MotoGPパドックがフランスとベルギーを縦断し、オランダの首都アムステルダムから北東約200キロに位置するアッセンに到着。明日から開催する5週間4戦の緒戦、シリーズ第6戦オランダGP(Gauloises TT Assen)に向けて準備を進めていたが、MotoGPライダーたちは雨が降る空を見上げていた。

ダッチウェザーと呼ばれるほど、雨がよく降るこの地方。ライダーによっては、この天候が有利な展開につながる。昨年のレインレースを制覇した現ポイントリーダーのセテ・ジベルナウは、「僕の目標は、いいレースを実現するためにコースに適したバイクに仕上げること」と天候を気にせず、セッティングを煮詰めて行くことを強調。今シーズンは、雨のヘレスを制したが、ウェットのル・マンはバレンティーノ・ロッシの前に屈した。

「今、僕たちは5週間で4戦を控えたシーズンの重要な時期にいる。可能な限りポイントを加算し、ハードワークを継続することが大切だ。」

5戦中3勝を飾り、ジベルナウに5ポイント差に接近したロッシも口調を揃えた。「別に予選で雨が降っても構わない。ウェットにおけるこのバイクの限界を理解するためには走行時間が必要だ。だけど、土曜はドライレースがしたい。今日はアムステルダムにあるヤマハの欧州本社を訪問した。みんな一生懸命に働いているところを観ることができた。バイクは大きく開発したし、僕たちはもう一度優勝に向けて戦いたい。」

2週間前のカタルーニャGPでハードクラッシュを喫したトロイ・ベイリスは、アッセンでのレースを楽しみにしていることを認めた。「これからの数週間、たくさんのバトルが控えているから、体調を整えることが基本だ。それに、新しいエンジンをテストし、いい感触を得た。多少の進歩があり、ここで確認することができるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2004, GAULOISES TT ASSEN

Other updates you may be interested in ›