初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウエスト、アッセン連覇に向けて好発進

ウエスト、アッセン連覇に向けて好発進

ウエスト、アッセン連覇に向けて好発進

シリーズ第6戦オランダGP(Gauloises TT Assen)の予選初日が24日、アッセンで行われ、昨年の勝者アンソニ・ウエストが暫定ポールポジションを奪取した。

ウェットコンディションでスタートした公式セッションは、昨年独走でレインレースを制したウエストが2番手に0.254秒差の2分19秒354のトップタイムをマーク。アッセン2連覇に向けて好スタートを切った。

2番手には昨年キャリア初の表彰台を獲得したシルヴァン・ギュントーリが入り、負傷のディーク・ハイドルフの代役に指名されたイバン・シルバが積極的な走りを見せて3番手を確保。現在、スペイン選手権エクストリームクラスにフル参戦するスパニッシュライダーはランク1位の実力をアピールした。

クラスルーキーの元125ccクラス王者アルノ・ヴァンサンが、4番手と暫定フロントローに進出。雨のヘレスを制したロベルト・ロルフォとアレックス・デボン、ランディ・ド・プニエ、ダニ・ペドロサが続き、現王者マヌエル・ポジャーリは16番手だった。

日本人勢トップはセッション終盤に転倒した青山博一の15番手。松戸直樹と関口太郎はそれぞれ25番手と26番手だった。

Tags:
250cc, 2004, GAULOISES TT ASSEN, QP1

Other updates you may be interested in ›