初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ストーナー、KTMに初のポールポジション

ストーナー、KTMに初のポールポジション

ストーナー、KTMに初のポールポジション

シリーズ第6戦オランダGP(Gauloises TT Assen)の予選2日目が、アッセンで行われ、オーストラリア人ライダーのケーシー・ストーナーが今シーズン初のポールポジションを奪取。所属するKTMに初のトップグリッドをもたらした。

ウェットからドライへの路面コンディションが変わる中、セッションラスト1分前にストーナーが、2番手に0.454秒差の2分18秒592をマーク。昨年イタリアGP以来となる2度目のポールポジションを獲得した。

パブロ・ニエトは初日より6.081秒更新して、今シーズン最高の2番グリッドを確保。ポイントリーダーのアンドレア・ドビツィオーソと昨年の勝者スティーブ・イェンクナーがフロントローを獲得した。

セカンドローにはロベルト・ロカテリ、ホルヘ・ロレンソ、シモーネ・コルシが並び、宇井陽一は今シーズン最高となる6番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

初日暫定ポールポジションのエクトル・バルベラと2番手だったマルコ・シモンセリは、セッション序盤に転倒を喫したために、タイム更新できず、それぞれ13番と14番グリッドと後退。一方で16歳の少女ライダー、マルケタ・ヤナコヴァが予選を突破した。

Tags:
125cc, 2004, GAULOISES TT ASSEN, QP2

Other updates you may be interested in ›