初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、逆転の3連勝

ロッシ、逆転の3連勝

ロッシ、逆転の3連勝

シリーズ第6戦オランダGP(Gauloises TT Assen)の決勝レースが26日、アッセン・サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシが最終ラップでセテ・ジベルナウを逆転。駆けつけた9万322人の観衆は繰り広げられた熾烈なバトルに大興奮した。

前日までの雨が上がり、気温19度、路面温度24度のドライ・コンディションの中、6戦連続フロントローのジベルナウとポールポジションのロッシが、序盤からテール・トゥ・ノーズのバトルを展開。終始プレッシャーをかけていたロッシが最終ラップに初めてトップに立つと、ゴールラインまでジベルナウのアタックを抑え、2年ぶりにアッセンを制覇。5週間4連戦の緒戦を制しただけでなく、ヤマハに86年のエディー・ローソン以来となる3連勝をもたらした。

「セテは今、すごく憤慨しているはずだけど、グレートなバトルだった」とロッシはレースを振り返った。「レース序盤はセテに比較的楽に追って行けたけど、タイヤが消耗し始めてからはハードだった。何度もバイクのコントロールを失ったけど、持ち堪え、優勝することができた。チャンピオンシップにって、これはとても重要な勝利だ。」

オープニングラップから終始トップに立っていたジベルナウは、3戦連続2位に終わったが、開幕から6戦連続の表彰台を獲得。3位にはマルコ・メランドリが、最高峰クラス100戦目のマックス・ビアッジのアタックを最後まで抑え切り、2戦連続3位表彰台を奪取した。

今シーズンワーストの16番グリッドからスタートしたニッキー・ヘイデンは、スペクタクロなポジション奪取を披露。今シーズン最高位タイとなる5位でフィニッシュ。コーリン・エドワーズが6位で続いた。

ルベン・チャウスは、ロリス・カピロッシとカルロス・チェカを抑えて7位に入れば、昨年アッセンでスーパーバイク世界選手権タイトルを獲得したニール・ホジソンが20番グリッドから10位でフィニッシュした。

阿部典史は17番グリッドから徐々にポジションを上げて、11位でゴール。玉田誠は6ラップ目に19位までポジションを落としたが、最後は12位まで巻き返した。

今シーズンベストグリッドからスタートした中野真矢と青木宣篤は、マシントラブルにより8ラップ目にリタイヤ。最高峰クラス200戦目のアレックス・バロスは、ジベルナウとロッシとのバトルを繰り広げていた11ラップ目に転倒リタイヤした。

ポイントランクは、ロッシがジベルナウが126ポイントと並んだが、4勝で開幕戦以来のトップに返り咲いた。

Tags:
MotoGP, 2004, GAULOISES TT ASSEN, RAC

Other updates you may be interested in ›