初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チェカ、失望のリザルト

チェカ、失望のリザルト

チェカ、失望のリザルト

カルロス・チェカは、シリーズ第6戦オランダGP(Gauloises TT Assen)の9位フィニッシュに不満の表情を見せていた。スパニッシュライダーは、フロントローからトップに飛び出し、表彰台争いの中心的存在になると思われたが、グリップ不足のため、徐々にポジションを落として行った。

「表彰台争いを確信し、フロントローからスタートしたのに、9位でフィニッシュ。このリザルトには失望だ。だけど、リアのグリップが全くなかったので、上位をキ-プすることはできなかった...`」とチェカはレースを振り返った。

「朝のウォームアップからこの問題が発生していた。昨日までとは路面コンディションが異なるからだろう。僕たちは問題を解消する力がなかった。」

「レースでは朝の状況が続き、フロントローからスタートしたにも関わらず、ポジションを守ることができなかった。僕にアタックを仕掛けるライバルたちに、ことごとく抜かれてしまった。」

チェカは前戦、スペクタクロなポジション奪回で4位を奪取。自信を持ってアッセンに乗り込んできた。そして、家族や友人たちを伝統のサーキットに招待して、5週間4連戦の緒戦を迎えたが、期待していたリザルトを残せなかった。

Tags:
MotoGP, 2004, GAULOISES TT ASSEN, RAC, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›