初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

玉田誠:「辛かったです」

玉田誠:「辛かったです」

玉田誠:「辛かったです」

玉田誠はシリーズ第6戦オランダGP(Gauloises TT Assen)の決勝レース、不完全燃焼の12位でフィニッシュした。ムジェロ、カタルーニャと2戦連続してリタイヤし、気持ちを切り替えて臨んだアッセンでは、路面コンディションが困難だった予選で8番グリッドを確保。4戦連続3列目からスタートしたが、最後は集団に飲まれるような状態のままチェッカーを受けた。

「スタートして、しばらく走っていたら、一度タイヤの挙動を感じてスローダウンしました」とレースを振り返る玉田は6ラップ目、それまでのラップタイムと比較して、1区間目に5秒半、2区間目に2秒ほど減速。平均トップスピードも約50キロ減と19位まで後退した。

スローダウン後、2分01秒台のペースを維持。集団の中でケニー・ロバーツ、マクウィリアムス、ホフマン、ホプキンスとパスして行った。「その後、ペースを上げて行き、問題なく走れましたが、最後はずっと集団に飲まれたまま、ついて行くような感じ終わったので、辛かったです。」

今週末、玉田は初表彰台を奪取したネルソン・ピケ・サーキットで開催されるリオGPに臨む。

Tags:
MotoGP, 2004, GAULOISES TT ASSEN

Other updates you may be interested in ›