初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP、例年より早いカーニバルへ

MotoGP、例年より早いカーニバルへ

MotoGP、例年より早いカーニバルへ

MotoGPが5月から展開されていたヨーロッパ戦を一時中断。今週末に開催されるシリーズ第7戦リオGP(Cinzano Rio Grand Prix)のために、大西洋を縦断する。

伝統的にシーズンの終盤に開催される今グランプリは、多くのタイトルが決定するなど、スペクタクロなレースが繰り広げられてきた。そして、今週末も今シーズンの熾烈なタイトル争いを演じるバレンティーノ・ロッシとセテ・ジベルナウの対決が1つの焦点となろう。

前戦オランダGPで3連勝、シーズン4勝目を飾ったロッシは、86年のエディー・ローソン以来となるヤマハ3連勝を達成。さらに、リオGPでの戦歴は初参戦の96年125ccクラスから数えて6戦6勝。02年には500ccクラス最後のタイトルを獲得した。

徐々に250ccクラス王者のパフォーマンスを発揮してきているマルコ・メランドリは、コンストラクター部門でトップの座に返り咲いたヤマハに00年以来となる2戦連続表彰台2台獲得に、ロッシと共に貢献した。

追われる立場から追う立場となったホンダ勢にあって、マックス・ビアッジはポイントランクトップから33ポイント差を引き離された。唯一ジベルナウだけが、開幕から連続して表彰台を獲得するなど、安定した走りを見せている。

唯一の地元ライダーとして注目が集まるアレックス・バロスは、唯一00年に表彰台2位を獲得。アッセンでは最高峰クラス通算200戦目で快走を見せていたが、マシントラブルのために転倒リタイヤを喫し、厳しいシーズンを過ごしている。

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›