初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マールボル・ドゥカティ、リオGPへ準備OK

マールボル・ドゥカティ、リオGPへ準備OK

マールボル・ドゥカティ、リオGPへ準備OK

ファクトリーライダー、マールボロ・ドゥカティのロリス・カピロッシとトロイ・ベイリスの2人は、先週末に開催されたシリーズ第6戦オランダGPで新型エンジン『ツイン・パルス』を初投入。将来への可能性が広がったことを強調した。

「リオへ、とてもポジティブなスピリッツを持って乗り込みます」とチームディレクターのリビオ・スッポは抱負を語る。「新型エンジンは、決定的に他のレベルへと進歩しました。私たちにとって非常に重要な次戦が待ち遠しいです。私たちのテクニカルサポーターに、個人的にはシェル・アドバンスからの重要な貢献に大変感謝します。」

現時点では、カピロッシとベイリスにはそれぞれ1台ずつ『ツイン・パルス』を搭載したバイクを準備。もう1台は伝統の『フォー・パルス』を搭載しているが、チームは新型エンジンでレースに挑めるように作業を進めている。

「これからは、両ライダーが『ツイン・パルス』の可能性を導き出す環境を整えます」とテクニカルディレクターのコラード・チェッキネーリは話す。「リオにはロングストレートが控えていますが、『ツイン・パルス』はほぼ『フォー・パルス』と同等なポテンシャルがあります。ストレート前のコーナーがカギとなりますが、新型エンジンは最速スピードでコーナーを立ち上がって行けます。」

マールボル・ドゥカティは決勝レース後、サーキットに延滞してテストを実施する。

Tags:
MotoGP, 2004, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›