初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ド・プニエ、重圧感を否定

ド・プニエ、重圧感を否定

ド・プニエ、重圧感を否定

ポイントリーダーのランディ・ド・プニエは、ダニ・ペドロサとセバスチャン・ポルトの2人がポイント差を詰め寄って来たことに対して、プレッシャーがないことを強調した。

フレンチライダーは、ペドロサと僅か1ポイント差。前戦でシーズン2勝目を飾ったポルトとは23ポイント差で、今週末のシリーズ第7戦リオGP(Cinzano Rio Grand Prix)を迎える。

「先週のアッセンは、今シーズン2度目の表彰台を逃した。前回のムジェロではメカニカルトラブルだったけど、別にパニックに落ちることはない」と言い切るド・プニエは、カルロス・チェカとコーリン・エドワーズと一緒にリオデジャネイロ観光名所、キリスト像があるコルコバートの丘を登った。

「ペドロサとポルトは接近して来たけど、チャンピオンシップは先が長い。僕は今の状態に満足している。ここのコンディションはホットで大変だろうけど、これまで通りに仕事に取り組み、優勝を狙う。プレッシャーは全くない。」

Tags:
250cc, 2004

Other updates you may be interested in ›