初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バルベラがベストポールを更新

バルベラがベストポールを更新

バルベラがベストポールを更新

シリーズ第7戦リオGP(Cinzano Rio Grand Prix)の予選初日が2日、ネルソン・ピケ・サーキットで行われ、エクトル・バルベラが暫定ポールポジションを奪取した。

ヤングスパニッシュライダーは、最終ラップに02年にマヌエル・ポジャーリが樹立したベストポールを0.148秒更新する1分57秒740をマーク。唯一の57秒台で、2番手に入ったロベルト・ロカテリに0.422秒差と引き離した。

昨年のリオGPで初優勝を飾った前戦勝者のホルヘ・ロレンソと前戦でKTMに初のポールポジションをもたらしたケーシー・ストーナーが、それぞれ3番手と4番手に入り、暫定フロントローを確保すれば、ミルコ・ジャンサンティ、アンドレア・ドビツィオーソ、フリアン・シモン、シモーネ・コルシが暫定2列目に並ぶ。

01年にリオGPを制した宇井陽一は、初日は18番だった。

Tags:
125cc, 2004

Other updates you may be interested in ›