初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ&チェカ、セッティングに問題

ロッシ&チェカ、セッティングに問題

ロッシ&チェカ、セッティングに問題

バレンティーノ・ロッシは、02年10月のマレーシアGP以来となるMotoGPワーストとなる8番グリッドに終わった後、リオGP7連覇に向けて、決勝レース直前のウォーミングアップで多くの仕事に取り掛かることを認めた。

「たくさんの問題があり、解決に取り組んでいるけど、あまり運がなかった。セットアップもタイヤ選択も満足行く仕事ができていない。バイクが暴れてしまう。明日は厳しいけど、表彰台を獲得するために戦う。」

「明日のウォーミングアップでバイクの安定性を高められるように幾つかモデルチェンジしたい。技術面とバイクの全体的なパフォーマンスアップのために、まだ20分間残っている。」

チームメイトのカルロス・チェカは12番グリッド。ロッシ同様にセッティングに苦しんでいる。

「問題を1つ解消すると、また1つ問題が発生してしまった。何か選べば、何かを失ってしまうから、妥協点を見つけるのが難しい。」

「フロントのグリップ力を上げ、リアの動きを改善しなければいけない。特に高速コーナーの抜ける時に問題があり、これがこのコースでの戦闘力を落としている。とにかく改善するために戦う。明日はいいコンディションでレースに挑みたい。」

Tags:
MotoGP, 2004, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›