初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カピロッシ、喜びの4位フィニッシュ

カピロッシ、喜びの4位フィニッシュ

カピロッシ、喜びの4位フィニッシュ

ロリス・カピロッシが、今シーズンのベストリザルトを獲得して「100%満足」と満面の笑みを浮かべた。

イタリアンライダーは新型エンジン「ツイン・パルス」を搭載しての2戦目。好スタートは切れなかったが、徐々にポジションを奪取して、最後は優勝した玉田誠から11秒遅れの4位でチェッカーを受けた。

「このリザルトに100%満足している。この結果をもたらしてくれたドゥカティ・コルセとチーム全員に感謝したい」と喜ぶカピロッシは、チームメイトのトロイ・ベイリスと共にネルソン・ピケ・サーキットに延滞してテストを実施する。

「これは今シーズン最高のリザルトだ。バイクの開発がいい方向に進んでいることを証明し、このまま作業を進めて行きたい。」

「ハードなレースだった。コースの汚れているところからのスタートだったから、スピンしてしまった。そこから4位までポジションを上げたが、トップ3のグループとは距離があったから、後方のバロスに注意しながらポジションをキープすることに気持ちを切り替えた。」

新型エンジンを選択しなかったベイリスは、4ラップ目に転倒リタイヤした。「フロントのグリップに問題があった。そして、フロントタイヤのコントロールを失い、コーナーの中間で転んでしまった。フォー・パルスを使用したのは単にウォームアップで走りやすかったから。今回のレースには適していると考えたからだ。」

Tags:
MotoGP, 2004, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›