初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

混戦のタイトル争いがシーズン折り返しに

混戦のタイトル争いがシーズン折り返しに

混戦のタイトル争いがシーズン折り返しに

シーズンの折り返しとなる第8戦ドイツGPでは、アンドレア・ドビツィオーソがポイントリーダーの座を堅守できるかが、1つの焦点となる。

イタリアンライダーは、開幕戦の優勝から7戦連続してトップ4位以内でフィニッシュ。安定感のある走りで高ポイントを連取している。

エクトル・バルベラは前戦リオGPの優勝により、ドビツィオーソと並びシーズン2勝をマーク。昨年のオランダGPから17戦連続ポイント奪取と、歴代の軽量級では坂田和人、眞子智実、アルノー・ヴァンサンに続く抜群の安定感でポイントランク2位へと浮上してきた。

ドビツィオーソにプレッシャーをかけるのはバルベラだけでなく、ロベルト・ロカテリとケーシー・ストーナーの2人にも十分にタイトル獲得の可能性がある。

ストーナーは昨年、ステファーノ・ペルジーニと優勝争いを繰り広げた。トップスピード不足と操縦性の高いKTMにとって、テクニカルコースのザクセンリンクは初優勝を狙える舞台である。

一方で、ロカテリは00年に2位表彰台を獲得した舞台で、0.15秒差で表彰台を逃し、ランク2位の座から転落した前戦の雪辱を晴らしたいところだ。

Tags:
125cc, 2004, ¨VELTINS MOTORRAD GP DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›