初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、M1との同調に満足

ロッシ、M1との同調に満足

ロッシ、M1との同調に満足

バレンティーノ・ロッシが予選初日を終え、M1のレスポンスに満足感を表した。カタルーニャGPを制覇した際には、白衣を着て聴診器でM1を診断するパフォーマンスを披露したが、今回はM1がテクニカルコースのザクセンリンクに迅速に順応したことを強調した。

「バイクがこのサーキットが好きだ、と言ったよ」と前戦では01年イタリアGP以来の転倒リタイヤに終わったロッシが笑みを浮かべながらピットボックスに戻ってきた。

「午後の公式セッションではレースタイヤを履いて走り込んだ。みんなとても速いけど、僕自身もとても気分よく走れている。」

「セテはいいタイムをマークしたけど、それほど離されていない。幾つか小さな修正をした。予選タイヤを履けばもっとタイムを上げることができる。」

「ラスト2コーナーのタイムを良くしないといけないけど、このコースは前に出るのが簡単じゃないからスターティンググリッドがとても重要だ。」

Tags:
MotoGP, 2004, VELTINS MOTORRAD GP DEUTSCHLAND, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›