Tickets purchase
VideoPass purchase

ビアッジ、今シーズン初のポールポジション奪取

ビアッジ、今シーズン初のポールポジション奪取

ビアッジ、今シーズン初のポールポジション奪取

シリーズ第8戦ドイツGP(Veltins Motorrad GP Deutschland)の予選2日目が17日、旧東ドイツ圏ドレスデン近郊のザクセンリンクで行われ、昨年のポールシッター、マックス・ビアッジが今シーズン初のポールポジションを奪取した。

予選初日は9番手だったビアッジは、午前中のフリー走行でトップタイムをマーク。午後の公式予選では昨年ビアッジ本人が樹立した最速ラップを0.978秒更新する1分22秒756を叩き出し、通算56度目のトップグリッドを獲得した。

初日終了後、M1のレスポンスに満足していたバレンティーノ・ロッシは、トップから僅か0.084秒差の2番手。ポジションを1つ上げれば、前戦のポールシッター、ケニー・ロバーツが2戦連続のフロントローを獲得し、スズキとブリヂストンの著しい進歩をアピールした。

暫定ポールポジションのセテ・ジベルナウは、2戦連続4番グリッドに後退すれば、初日16番手の中野真矢が一気に1.769秒更新して、トップから0.253秒差の5番グリッド。今グランプリから新型エキゾースト・システムを投入したアレックス・バロスが5戦連続のセカンドローを確保した。

サードローにはカルロス・チェカ、トロイ・ベイリス、ニッキー・ヘイデンが並び、玉田誠はセッション終了間際に転倒。13番グリッドで終われば、阿部典史は初日のタイムを更新できずに15番グリッド。青木宣篤は約1秒近くタイムを伸ばして、20番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

Tags:
MotoGP, 2004, VELTINS MOTORRAD GP DEUTSCHLAND, QP2

Other updates you may be interested in ›