初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドビツィオーソ、逆転のポールポジション

ドビツィオーソ、逆転のポールポジション

ドビツィオーソ、逆転のポールポジション

シリーズ第8戦ドイツGP(Veltins Motorrad GP Deutschland)の予選2日目が17日、ザクセンリンクで行われ、ポイントリーダーのアンドレア・ドビツィオーソが逆転でシーズン3度目のポールポジションを奪取した。

ヤングイタリアンは、タイムアップ直前のアタックで暫定ポールタイムを0.034秒更新する1分27秒836をマーク。最後までタイム更新できなかったエクトル・バルベラを抑えて、トップグリップを獲得すれば、地元ライダーのスティーブ・イェンクナーが初日より1.064秒更新して、一気に3位に浮上。ベテランのミルコ・ジャンサンティが開幕戦以来のフロントローを確保した。

2列目にはパブロ・ニエトとマルコ・シモンセリが続き、フリアン・シモンが自己ベストとなる6番グリッドを獲得。宇井陽一は初日のタイムを更新できず、8番グリッドに後退した。

午前中のフリー走行でトップタイムをマークしていたケーシー・ストーナーは、鎖骨を骨折したために公式予選を欠場。同じく午前中に転倒を喫したロベルト・ロカテリはシーズンワーストとなる10番グリッドに終わり、今グランプリから復帰した01年勝者のシモーネ・サンナは22番グリッド。昨年ポール・トゥ・ウインを飾ったステファーノ・ペルジーニは26番グリッドだった。

Tags:
125cc, 2004, ¨VELTINS MOTORRAD GP DEUTSCHLAND, QP2

Other updates you may be interested in ›