初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポルトが3戦連続のポールポジション奪取

ポルトが3戦連続のポールポジション奪取

ポルトが3戦連続のポールポジション奪取

シリーズ第8戦ドイツGP(Veltins Motorrad GP Deutschland)の予選2日目が17日、ザクセンリンクで行われ、昨年のポールシッター、セバスチャン・ポルトが3戦連続ポールポジションを奪取した。

2年前に中量級通算100戦目を初優勝で飾った思い出のサーキットで、ポルトは暫定ポールタイムを更新することはできなかったが、シーズン5度目のトップグリップをキープした。

予選2日目にトップタイムをマークしたのは、ドイツGP2年連続表彰台を獲得したルーキーのアレックス・アンジェリス。昨年の勝者ロベルト・ロルフォを抑えて、自己ベスト2番グリッドを獲得すれば、終盤にハイサイドのハードクラッシュを喫したランディ・ド・プニエが、初日のタイムで8戦連続のフロントローをキープした。

セカンドローにはポイントリーダーのダニ・ペドロサ、前戦勝者のマヌエル・ポジャーリ、3戦連続3位獲得のトニ・エリアス、昨年2位のフィンシ・ニエトが並んだ。

松戸直樹は初日のタイムから0.673秒伸ばして、シーズンベストの9番グリッドに進出すれば、青山博一は12番グリッド。初日は僅か5ラップしか走行できなかった関口太郎は、午前中にクラス最多ラップを周回。シーズンベストの22番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

Tags:
250cc, 2004, VELTINS MOTORRAD GP DEUTSCHLAND, QP2

Other updates you may be interested in ›