初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、独走の3勝目

ペドロサ、独走の3勝目

ペドロサ、独走の3勝目

シリーズ第8戦ドイツGP(Veltins Motorrad GP Deutschland)の決勝レースが18日、旧東ドイツ圏ドレスデン近郊のザクセンリンクで行われ、ダニ・ペドロサが独走でシーズン3勝目を飾り、250ccクラスのタイトル獲得へ大きく前進した。

5番グリッドからスタートした現125ccクラス王者は、2ラップ目にトップに立つと、一気にペースを上げてライバルたちを引き離し、最後はポールポジションのセバスチャン・ポルトに4.279秒差でチェッカーフラッグを受けた。

前戦はマシントラブルに泣いたポルトが、単独走行で2位を確保。3位にはルーキーのアレックス・デ・アンジェリスが最終ラップにランディ・ド・プニエをかわして初の表彰台を獲得した。

12番グリッドの青山博一は3位グループに追走すると、最終ラップにはド・プニエを抜き去って今シーズンベストの4位でフィニッシュ。ロベルト・ロルフォ、アンソニー・ウエスト、フォンシ・ニエト、フランコ・バッタイーニ、シルヴァン・ギュントーリがトップ10に入った。

今シーズンベストの9番グリッドからスタートした松戸直樹は、オープニングラップで22位と大きく出遅れたことが最後まで影響。16位でフィニッシュすれば、関口太郎は17位だった。

トニ・エリアスは3位争い中の18ラップ目に転倒。前戦勝者のマヌエル・ポジャーリは8位走行中の7ラップ目に転倒を喫してリタイヤした。

ポイントランクはペドロサが通算155ポイントに達し、2位のド・プニエに25ポイント差、3位のポルトに37ポイント差と引き離した。

Tags:
250cc, 2004, VELTINS MOTORRAD GP DEUTSCHLAND, RAC

Other updates you may be interested in ›