初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホプキンス、今季初のトップ10入り

ホプキンス、今季初のトップ10入り

ホプキンス、今季初のトップ10入り

ジョン・ホプキンスは、今シーズン最高位となる9位でフィニッシュ。予選2日目に虫に刺されて治療を余儀なくされていたが、03年5月のスペインGP7位以来となるベストリザルトを獲得し、今シーズン初めてスズキ勢2人が揃ってトップ10を果たした。

「ようやくトップ10以内でフィニッシュできた」とホプキンスは虫刺されで腫れた左手を気にしながら、満足の表情を見せていた。

「いいスタートができず、ポジションを下げてしまった。ベイリスの後ろについたけど、彼とは走行ラインが全く異なる。ドゥカティのポテンシャルは高く、抜くの難しかった。そのうちに引き離されてしまったけど、彼が転倒して前が開いた。そこからハイペースで周回を重ね、前のグループに追いつくことができた。」

「メランドリが転倒し、アベと衝突した。そこからケニーと一緒に走ることができたけど、グループに追いつくためにプッシュしたことで、タイヤが消耗してしまった。」

「後方のホフマンとはある程度のアドバンテェージがあり、数人の転倒を見てきたから、リスクを冒してまで、ケニーを抜く必要はなく、9位をキープすることに専念した。」

Tags:
MotoGP, 2004, VELTINS MOTORRAD GP DEUTSCHLAND, John Hopkins

Other updates you may be interested in ›