初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エドゥアール・ミシュランが競争相手を熱望

エドゥアール・ミシュランが競争相手を熱望

エドゥアール・ミシュランが競争相手を熱望

ミシュラン・グループの最高責任者エドゥアール・ミシュランが、特別ゲストとしてシリーズ第8戦ドイツGP観戦に訪れた。ミシュランは、世界最高峰の舞台であるMotoGPに、タイヤメーカー同士の競争があることを喜び、特にブリヂストンの開発が進歩したことを強調。ライバルメーカー同士の争いが、タイヤ界の発展に繋がることを肯定し、噂が広がるワンメーカーの世界選手権は滑稽なことだと一蹴した。

「レースはライダーとメーカーの間の競争によって基づいていることは明白です。MotoGPは他のクラスよりも、タイヤが勝敗を決定する重要な要因の1つかもしれません。この理由からタイヤを選択することができ、我々の視点から見れば、レースと競争のスピリッツを維持するためには、それは根本的なことです。」

「タイヤ選択の自由をコントロールするという決定は破局的で悲惨なことだと思います。それは将来、全ライダーが同じバイクと同じタイヤでレースを行う、Xデーへの第一歩だからです。」

「それは、ある種のレースにはいいかもしれませんが、最高峰クラスで実施するのは残念なことです。ライダーが全力を尽くす様子を見たいファンにとっても、タイヤメーカーにとっても、残念なことです。」

「最後にグランプリを観戦したのは、今から3年前のバレンシアでした。4ストロークマシンが登場する前の時代で、競争が不足していました。その時、レースは少し退屈であり、我々にとってその状況は通常ではないと訴えました。」

「我々のMotoGPチームは、提供する製品の性能を向上するために懸命に仕事に取り組んでいます。レース毎に、1年毎に、仕事を進め、MotoGPにおける競争の進歩のおかげで、今我々は最も通常な状態にあります。」

Tags:
MotoGP, 2004, VELTINS MOTORRAD GP DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›