初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

デ・アンジェリス、250ccクラスで初の表彰台

デ・アンジェリス、250ccクラスで初の表彰台

デ・アンジェリス、250ccクラスで初の表彰台

アプリリア・レーシングに所属するアレックス・デ・アンジェリスが、ザクセンリンクで開催されたシリーズ第8戦ドイツGP決勝レースで3位フィニッシュ。250ccクラスで、初の表彰台を獲得した。

20歳のサンマリノ出身のデ・アンジェリスは、序盤からランディ・ド・プニエ、トニ・エリアス、青山博一と熾烈なバトルを繰り広げると、最終ラップでフレンチライダーをかわして3位争いを制した。

「最終ラップをド・プニエと一緒に迎えることは分かっていた。彼とはレース中ずっと一緒に走っていたからね」とレースを振り返った。「坂を登ったところで彼の前に出るのが僕の作戦だった。彼が次のコーナーでインに入るのを把握していたからだ。」

「相手を抜くために、これほど考えたことは今までになかった。チーム全員に、特にジャンニ・サンディに感謝したい。彼ほどこのアプリリアを把握しているメカニックはいないし、彼の経験が僕を大きくサポートしてくれる。」

Tags:
250cc, 2004, CINZANO BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›