初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドニントン、優勝1番乗りはライダーズ・フォー・ヘルツ

ドニントン、優勝1番乗りはライダーズ・フォー・ヘルツ

ドニントン、優勝1番乗りはライダーズ・フォー・ヘルツ

シーズン折り返しとなる第9戦イギリスGP(Cinzano British Grand Prix)の開催を前に、ライダーズ・フォー・ヘルツがドニントンパークの初勝者となった。アフリカの医療救済活動を展開するライダーズ・フォー・ヘルツは、毎年恒例の『デー・オブ・チャンピオンズ』を実施。多くのイベントが催された。

ライダーズ・フォー・ヘルツは前夜の21日には、ロンドン市内で特別夕食会を開き、慈善事業を全面的に支援するイギリス王室のアン王女とMotoGP代表団から、25.000英国ポンド(約506万円)の寄付金が贈呈されていた。

恒例の『デー・オブ・チャンピオンズ』は、サーキットを1日開放。MotoGPライダーたちとの出会いを求めて、たくさんのファンが訪れた。

駆けつけたファンの中には、元ライダーのランディ・マモラと一緒にドゥカティ・デスモセディチの2シーターに乗り、MotoGPマシンを体験する機会に恵まれた。

そして、午後にはオークションが開かれ、MotoGPライダーたちがヘルメットやグローブなど、サイン入りの個人グッツを提供。売上金は100.000英国ポンド(約2024万円)に達する見込みで、ライダーズ・フォー・ヘルツに寄付される。

ここ2戦で連続フロントローを獲得し、王者復活の狼煙を上げていたケニー・ロバーツだったが、サーキットに向う途中で車が故障。唯一ファンの前に姿を見せることができなかった。

Tags:
MotoGP, 2004, CINZANO BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›