初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドビツィオーソ、2戦連続4度目のポール奪取

ドビツィオーソ、2戦連続4度目のポール奪取

ドビツィオーソ、2戦連続4度目のポール奪取

シリーズ第9戦イギリスGP(Cinzano British Grand Prix)の予選2日目は24日、ドニントンパークで行われ、暫定ポールポジションのアンドレア・ドビツィオーソが2戦連続シーズン4度目のトップグリッドを奪取した。

サマーブレーク前にイタリア人ライダーの軽量級通算200勝目を狙う18歳のドビツィオーソは、終始セッションをリード。終了2分前にライバル、エクトル・バルベラにトップの座を譲ったが、終了間際に昨年ステファーノ・ペルジーニが樹立したポールポジションタイムを0.773秒更新する1分37秒211を叩き出し、逆転に成功した。

昨年、ドニントンでキャリア初勝利を飾ったバルベラは、トップから0.034秒遅れの2位。ミカ・カリオとシモーネ・コルシが、それぞれ今シーズンベストグリッドを獲得してフロントローに並んだ。

00年と01年勝者の宇井陽一は、トップから0.570秒遅れの5位。今シーズンのベストグリッドを獲得。初日からタイムを大きく更新したホルヘ・ロレンソと前戦勝者のロベルト・ロカテリ、初日にバイクが炎上したフリアン・シモンが2列目に並び、アルバロ・バウティスタとマルコ・シモンセリまでのトップ10が、ポールポジションタイムを更新した。

初日2番手のパブロ・ニエトは転倒を喫したことでタイム更新できず、14位に後退。昨年のポールシッター、ペルジーニは18位だった。

Tags:
125cc, 2004, CINZANO BRITISH GRAND PRIX, QP2

Other updates you may be interested in ›