初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサが前戦の再現で2連勝

ペドロサが前戦の再現で2連勝

ペドロサが前戦の再現で2連勝

シリーズ第9戦ドイツGPの決勝レースは25日、ドニントンパークで行われ、ダニ・ペドロサが前戦ドイツGPを再現するような独走で2連勝。シーズン4勝目を飾った。

午前中に降った雨の影響により、気温17度。路面温度が19度のコンディションの中、4番グリッドのダニ・ペドロサはオープニングラップを制すると、序盤から一気に後続を引き離し、最後は2位以下に6秒以上の大差をつけた。

セバスチャン・ポルトも前戦と同様な展開となり、独走で2戦連続2位を奪取。ランディ・ド・プニエがポールポジションのアレックス・デ・アンジェリスを抑えて、4戦ぶり5度目の表彰台を獲得した。

5位以下にはフォンシ・ニエト、アンソニ・ウエスト、フランコ・バッタイーニが続き、ここまでスタートで大きくポジションを落としていた松戸直樹が11番グリッドから好スタートを切り、シーズンベストの8位でフィニッシュ。31歳の誕生日を自ら飾った。

シーズン初めて1列目からスタートした青山博一は、1コーナーにトップで飛び込んだが、その後、トニ・エリアスと接触。転倒で最後尾に後退したが、スペクタクロなポジション奪回でポイント圏内に浮上。ラスト2ラップにはシルヴァン・ギュントーリを交わして、9位でゴールした。

現王者マルエル・ポジャーリは、3ラップ目に転倒。エリアスは、5位走行中の14ラップ目にマシントラブルのため、リタイヤした。

ポイントランクは、ペドロサが25ポイントを加算して通算180ポイント。2位のド・プニエに34ポイント差、3位のポルトに38ポイント差と引き離した。

Tags:
250cc, 2004, CINZANO BRITISH GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›