初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

原因不明のトラブルに見舞われたエリアス

原因不明のトラブルに見舞われたエリアス

原因不明のトラブルに見舞われたエリアス

トニ・エリアスは、リタイヤの原因が究明されないまま、シリーズ第9戦イギリスGPが開催されたドニントンパークを後にした。

スパニッシュライダーは、3位争いを繰り広げていた13ラップ目に突然失速。ピットボックスへの帰還を余儀なくされた。「表彰台争い中にリタイヤしなければいけなくなったのは、残念だ。」

「何のトラブルが発生したのか、まだ分からない。唯一できることは、メカニックたちと原因を見つけることだ。」

「いいスタートはできなかったけど、気分良く走れていたし、リズムも良かった。ペドロサを追うグループについて行くことに何の問題もなかった。オープニングラップにアオヤマと接触して、タイムロスしてしまった。」

「いいレースウィークにはならなかったけど、いい方向に変わりつつある。今日は好リザルトを獲得する自信があった。」

Tags:
250cc, 2004, CINZANO BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›