初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドビツィオーソ、3度目のポール・トゥ・ウイン

ドビツィオーソ、3度目のポール・トゥ・ウイン

ドビツィオーソ、3度目のポール・トゥ・ウイン

アンドレア・ドビツィオーソが、サマーブレーク前の前半戦最後となるシリーズ第9戦イギリスGPで、シーズン3勝目。3度目のポール・トゥ・ウインを飾った。

軽量級におけるイタリア人通算200勝目のライダーとなった18歳のヤングライダーは、スタートからハイペースで一気に後続を引き離すと、独走でフィニッシュ。前戦ドイツGPで負傷したケーシー・ストーナーは欠場し、ロベルト・ロカテリとエクトル・バルベラはそれぞれ転倒リタイヤしたことから、シーズン最大のポイント差を獲ることに成功した。

「とても貴重な勝利だ。チャンピオンシップを争う直接のライバルたちが相次いで転倒したこともあるけど、重要なのは独走でも自分のレースができたことだ。これは今までの僕に欠けていたことなんだ。」とドビツィオーソは快心の笑みを浮かべた。

「ポイント差を広げることも大事だけど、あまりリスクを冒したくなかった。まだシーズンは折り返しの時点だ。集団で優勝争いをした時に、ライバルたちの中にはそれがアドバンテェージになることを何度も見てきた。集団で走ると、簡単にポイントを失ってしまう。だから、どんな時でも常に全力を尽くす必要があるんだ。」

Tags:
125cc, 2004, CINZANO BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›