初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

耀くプライベートチーム、カンペテーラ

耀くプライベートチーム、カンペテーラ

耀くプライベートチーム、カンペテーラ

ここ数年間、250ccクラスでその地位を確立しているチーム、カンペテーラ・レーシングは、プライベートチームのリーダー的存在であるが、今シーズンはホンダのファクトリーマシン4台とアプリリアのファクトリーマシン5台の投入により、厳しいレースが続いている。

イタリアンチームの険しい道程は、シーズン前から続いていた。カンペテーラは当初、2チーム体制を計画していたが、最終的にはフランコ・バッターニとシルヴァン・ギュントーリに、ジョアン・オリベを加えた1チーム3人体制を組むこととなった。

「基本的に今年は2チーム4人体制で戦うことを計画していました」とチームオーナーの1人であるエロス・ブラコーニは説明する。「しかし、スポンサーの問題から全てが困難になりました。」

「フランコはもう1つのチームで登録していましたが、彼を手放したくなく、1チーム3人体制を組むことにしました。」

「今年はファクトリーマシンが多く参戦し、昨年より競争が厳しくなっています。個人的には今年は昨年以上の出来ですが、リザルトが伴いません。後半戦は最低でももう少しだけ、良いリザルトを挙げたいです。」

「私はここ数年間の活動に満足しています。私たちのライダーの才能を最大限に引き出すために、質素で家族的なチームですが、一致団結し、チャンピオンシップで重要な成績を残しています。私たちはまるで家族のように全員が結束しています。」

「チーム内におけるフランコの役割は、非常に重要です。彼は2人のヤングライダーの育成をサポートしています。昨年、1年間のテストライダーを経てチャンピオンシップに復帰したギュントーリは、シーズン終盤に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。」

「今年はより戦闘力の高いファクトリーマシンが参戦する中、ジョアンは存在感を見せています。私たちのライダーはこのバイクで苦しい戦いを強いられていますが、フランコの経験を活かして、上位に進出しています。」

Tags:
250cc, 2004, Campetella Racing

Other updates you may be interested in ›