初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

回想: 03年チェコGP 125ccクラス決勝レース

回想: 03年チェコGP 125ccクラス決勝レース

回想: 03年チェコGP 125ccクラス決勝レース

03年8月17日にブルノで行われた03年シリーズ第10戦チェコGPは、ダニ・ペドロサが、タイトルを争うステファーノ・ペルジーニとのバトルを制して、今シーズン4度目の優勝を飾った。

4番グリッドからスタートしたペドロサは、沈着冷静な対応と頭脳的な戦略でライバルたちとのバトルを制して行くと、多発したアクシデントを巧みに交わして、最後には2位以下に4秒近い差を築いた。

開幕戦日本GP以来のポールポジションを奪取したアレックス・デ・アンジェリスは、トップグループ内で走行中の9ラップ目にマシントラブルに見舞われ、13位までポジションを落としたが、そこからスペクタクロな巻き返しを見せて3位フィニッシュ。2戦連続表彰台を獲得した。

悲願のイタリアGP以降、リザルトが残せないルーチョ・チェッキネロは、トップ走行中の10ラップ目の1コーナーでエンジントラブルが起こり、コースを横切るように転倒。直ぐ後ろを走っていたスティーブ・イェンクナーと衝突した。

12ラップ目には4位のパブロ・ニエトが、コーナーでコントロールを失い、ローサイドから転倒。5位のトーマス・ルティは、イン側から滑ってきたパブロ車と衝突して空中に舞った。

KTMからデビューしたミカ・カリオは、18番グリッドから自己ベストの4位でフィニッシュ。オーストリアのメーカーにベストリザルトをもたらせた。以下、エクトル・バルベラ、アンドリア・ドビツィオーソとヤングライダーが続いた。

宇井陽一は、15番グリッドから追い上げて9位でフィニッシュ。東雅雄は13位。アジョ・モータースポーツから参戦した菊池寛幸は午前中のフリー走行中に転倒。決勝はスタートできずに終わった。

Tags:
125cc, 2004, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›