初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マクウィリアムスがシューティングNo.1に

マクウィリアムスがシューティングNo.1に

マクウィリアムスがシューティングNo.1に

後半戦開幕戦となるチェコGPの開催を前日に控え、最年長のジェリミー・マクウィリアムスがいぶし銀な実力を披露して、前哨戦を制した。

各メーカーを代表して、セテ・ジベルナウ、マルコ・メランドリ、ケニー・ロバーツ、中野真矢、トロイ・ベイリス、シェーン・バイン、青木宣篤、ミシェル・ファブリツィオが、サーキット近郊にあるシューティング会場を訪れた。

いつものように(?)会場入りが遅れたマクウィリアムスだったが、それまでトップに立っていたロバーツと青木を抜いて優勝。後半戦に向けて幸先のスタートを切ったが、チームメイトのバインはブービーだった。

「僕のピストルは、とても競争をやるコンディションじゃなかった。壊れていたんだ」と訴える英国人ライダー。「空気圧縮の状態が良くなかったんだ。本当だよ!だけど、このタイプのバトルも面白いね。日曜にはこのリザルトの再現だけは避けないと!」

Tags:
MotoGP, 2004, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›