Tickets purchase
VideoPass purchase

シュムルツ、トップ10入りを狙う

シュムルツ、トップ10入りを狙う

シュムルツ、トップ10入りを狙う

ヤコブ・チュムルツが今週末のチェコGPで、地元ファンの前でトップ10入りを狙うとともに、将来のチェコ・モーターサイクル界を担うライダーになることを誓った。

「ホームレースは決して簡単じゃないんだ。マスコミやファン、友人たちからプレッシャーがいつも以上にかかるからね。でも、僕はベストを尽くす」と午前中のフリー走行を終えたシュムルツは語った。

「このチームでの1シーズン目。僕たちはベストセッティングを探しているところだ。グランプリによっては、比較的に簡単にセッティングが見つかることもあるし、そうでない時もあるけど、4戦にポイントを奪取した。あとの2戦はマシントラブリ。もう2戦は転倒リタイヤだった。決して悪くない成績だけど、まだまだ良くなるはずだ。」

「僕は責任感を感じている。今週末はチェコ人のトップライダーになりたい。これは僕にとって非常に重要なこと。チェコのモーターサイクル界の将来を担うライダーになりたいんだ。僕の将来の目標はMotoGPクラスに参戦すること。だから、このクラス参戦しているんだ。ここ1、2年ではこの目標を達成するのは困難だろう。もう少し時間が必要だ。」

「今、アリーモレナー・レーシングと来シーズンについて話し合いを進めている。目標は上位に進出するために最高のパーツを入手することだ。今一番大切なのは、シャーシからサスペンション、エンジンまで少しずつバイクを仕上げていくことなんだ。」

「250ccクラスでオフィシャルライダーになることは難しいけど、不可能ではない。まず第1にプライベート勢のベストライダーにならなくてはいけない。それが当面の目標であり、今週末はその目標を達成したい。」

「だけど、ポイント獲得圏内でフィニッシュできたら満足だ。全戦でポイントを獲得することがシーズンの目標だからね。それに、今回はホームグランプリだから、トップ10に入れれば、パーフェクトだ。」

Tags:
250cc, 2004, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›