初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

阿部典史:「初めて好感触を得た」

阿部典史:「初めて好感触を得た」

阿部典史:「初めて好感触を得た」

阿部典史が明日、5冠のミック・ドゥーハンの記録を上回り、歴代通算参戦数ランクングの5位となる138戦目の決勝レースを迎える。

2日間のウェットコンディションの中で、徐々にセッティングを仕上げてきた阿部は、今シーズンベストとなる13番グリッドを確保。本人は決してこのポジションに納得はしていないが、セッティングに手応えを掴んでいた。

「昨日からのウェットコンディションの中でセッティングが、どんどん良くなって来ました。ウェットで今シーズン初めてM1の好感触を得ました。だけど、明日の決勝レースは、できればドライで走りたいです。」

チームマネージャーのエルベ・ポンシャラルは、阿部が戦闘力を整えて決勝レースに挑むことを強調した。「予選2日間は実に困難なコンディションでした。しかし、ノリックと彼のクルーは好仕事をやり遂げました。明日は、戦闘力を持ってレースに挑めることができます。マルコ・メランドリはケガを負い、午前中にはテクニカルトラブルに見舞われましたが、好パフォーマンスを見せてくれました。」

Tags:
MotoGP, 2004, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›