初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポルトが初日のタイムでポールポジションをキープ

ポルトが初日のタイムでポールポジションをキープ

ポルトが初日のタイムでポールポジションをキープ

シリーズ第10戦チェコGPの予選2日目が21日、ブルノで行われ、セバスチャン・ポルトが暫定ポールポジションをキープした。

ウェットコンディションの中で行われた公式セッションは、ほとんどのライダーが予選初日のタイムを更新できず、上位陣の変動がなかったために、ポルトがシーズン6度目のポールポジションを奪取。フォンシ・ニエトが今シーズンベストの2位を確保して、アレックス・デ・アンジェリスとシルヴァン・ギュントーリがフロントローに並んだ。

セカンドローにはロベルト・ロルフォ、フランコ・バッタイーニ、トニ・エリアス、青山博一が並び、松戸直樹が10位、ランディ・ド・プニエが11位に入れば、2日目にトップタイムをマークしたアンソニー・ウエストが12位に浮上した。

ポイントリーダーのダニ・ペドロサは初日こそ20位だったが、2日目に3.742秒更新して13位までポジションを奪回。王者マヌエル・ポジャーリも17位まで巻き返した。

Tags:
250cc, 2004, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, QP2

Other updates you may be interested in ›