初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バルベラ、ロレンソとのバトルに不満

バルベラ、ロレンソとのバトルに不満

バルベラ、ロレンソとのバトルに不満

エクトル・バルベラは、7位に終わったシリーズ第10戦チェコGPの決勝レースに不満を漏らした。スパニッシュライダーは、シーズンワーストの24番グリッドからスペクタクロなポジション奪取を見せ、最後までポイントリーダーのアンドレア・ドビツィオーソにプレッシャーをかけ続けたが、最終的にはポイント差が広がった。

中盤、オープニングラップからトップを走っていたドビツィオーソに追いつき、シーズン3勝目の可能性を高めてファイナルラップに突入したが、優勝したホルヘ・ロレンソと接触。ポジションを落とした。

「すごく後方からのスタートだったから、本当に厳しいレースだった。ポジションを巻き返すしか手段がなかったからね。ドビツィオーソとは、だいたい4秒差だった。彼に追いつくの苦労したし、それでタイヤを激しく消耗してしまった。」

「終盤はグリップがあまりなく、ホルヘとのバトルで大きく消耗してしまった。そして、ゴールまで数コーナーの時、通常のブレーキングポイントの時点で、彼は加速したんだ。だから、ハードブレーキングで退避することを余儀なくされたんだ。」

「とてもフェアプレイのアタックではない。だけど、これは1つの教訓となった。もう2度と同じことは御免だ。」

Tags:
125cc, 2004, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›