初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビアッジ、移籍説を否定

ビアッジ、移籍説を否定

ビアッジ、移籍説を否定

マックス・ビアッジが、来シーズンにケニー・ロバーツ、またはジョン・ホプキンスの後任としてアーブ・カネモトがいるスズキへの移籍説を一蹴。夏の噂話であることを認めた。

「ここ数日間、噂になっていることについて明白にしたい。他のメーカーに移籍する話しは、根拠のない事実だ。僕はホンダのライダーであり、、これからもホンダのライダーだ。8月の加熱した推測に過ぎない。」

イタリアンライダーは2日間のテストを行い、レースウィーク中に発生した問題解決に専念した。「全力で仕事に取り組んだ。多くのテストを進めたけど、理想的な解決策は得られなかった」と説明するビアッジは初日に1分59秒608.2日目に1分59秒879をマークした。

「プログラムを全て消化してしまい、もうこれ以上試すことがなくなったから、午後1時にテストを終了することにした。」

「エストリルでは、今回発生した問題がこのサーキットだけだったのか、確認したい。2日間で収集したデータをホンダのメカニックに伝えた。僕たちの目標は、エストリルでいいレースをすることだ。」

日曜の決勝レースについては、ホンダが投入した新パーツを十分にドライコンディションでテストする時間がなかったこと認めながら、チームのハードワークにより、シーズン7度目の表彰台を獲得したことを強調した。

「チームとホンダに感謝したい。困難な2日間の予選を経て、朝のウォームアップから決勝レースまでのほんの僅かな時間で表彰台争いができるコンディションまでバイクを仕上げた。それに、ビックなスタートだった。おそらく、今年のベストスタートだ。その後は、上位を狙うために全力でアタックした。」

Tags:
MotoGP, 2004, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Max Biaggi

Other updates you may be interested in ›