初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ストーナー、タイトル争いの大きく後退

ストーナー、タイトル争いの大きく後退

ストーナー、タイトル争いの大きく後退

ケーシー・ストーナーは、鎖骨骨折から3戦ぶりに復帰したシリーズ第10戦チェコGPで転倒リタイヤ。タイトル獲得の可能性から大きく遠退いたことを認めた。

「テレメトリが、コーナー突入時のスピードが前のラップよりも速くなかったことを示していた。朝のウォーミングアップ走行でも同じような形で転んでしまった。全く前触れがなかったんだ」とレースを振り返ったオージーライダーは、ポイントリーダーのアンドレア・ドビツィオーソから79ポイント差と大きく引き離された。

「奇妙だった。アンラッキーだった。もしかしたら、限界ギリギリで走っていたかもしれないけど、上手く乗れていた。本当に欲求不満。世界中で最も馬鹿げた転倒だった!」

「今シーズンは、これで失ってしまった。がっかりだよ...ランク3位以内に入れるかどうか。すごく厳しいだろうね。ロカテリが、このレースで16ポイントを獲得したから、困難だ。」

Tags:
125cc, 2004, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Casey Stoner

Other updates you may be interested in ›