初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホフマン、疲労困憊で帰国

ホフマン、疲労困憊で帰国

ホフマン、疲労困憊で帰国

アレックス・ホフマンは、体力の限界を尽くした2日間の集中テストを終え、グランプリの拠点に置いているスイスに戻った。

カワサキは、シリーズ第10戦チェコGP終了後にサーキットに滞在。ドイツ人ライダーは、改良されたエンジンとシャーシ、さらに、アクラボビッチ社の新型エキゾーストとマネッティ・マレリ社の新型インジェクトンの開発テストに取り組み、1周5.403キロのコースを2日間で149ラップと走り込んだ。

「本当に長い2日間のテストだった。だけど、事前に予定していたプログラムを消化するために、ハードワークが必要なことは承知していた」と24歳のラングライダーは疲労困憊していたが、テストをやり遂げた満足感があった。

「2日目、火曜のコンディションは良くなかった。強風で幾つかの問題があったけど、全体的には満足できるテストができた。日曜のレースよりも、レースタイヤを履いて、約1秒ほどラップタイムを縮めることができた。」

「レースウィークも含めて、5日間は本当にハードだったけど、多くの有力データを収集できたのは大きな収穫だ。これで将来のポジションアップに繋がるだろう。これから、スイスに戻り、リラックスするよ。そして、来週のエストリル入り前まで、山の中をマウンテンバイクで駆けるんだ。」

Tags:
MotoGP, 2004, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›