初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

デボン、次戦強行参戦を決意

デボン、次戦強行参戦を決意

デボン、次戦強行参戦を決意

アレックス・デボンが、左肩に負傷を抱えた状態で第11戦ポルトガルGPに参戦する意志を明らかにした。

スパニッシュライダーは、前戦チェコGPのウォームアップ走行中に転倒。左肩を脱臼した他、過去に骨折してプレートを埋め込んでいた肩と鎖骨の関節部分を再び傷めた。出身地カステヨン(バレンシア近郊)に戻ったデボンは精密検査を受けた結果、医師から手術の必要性を説明されたが、シーズン終了まで延期することを決断した。

「脱臼以外に、古傷も痛めてしまった。医師からは手術後、完治するには2ヶ月間は必要だと説明を受けた。僕はシーズン残りのレースを欠場したくないから、手術を延期することにした。激痛だ。昨年のミランドリと同じような負傷だけど、今年はこれ以上、不運が起こらないことを願うよ。」

デボンは2戦連続0ポイントに終わり、プイベートライダー部門のランク首位、アンソニー・ウエストから25ポイント差とリードを広げられてしまった。

「前向きに考えないと。エストリルでは体調は70%ぐらいだけど、ホンダから新しいパーツが投入される。それに、あそこは好きなコースだ。」

Tags:
250cc, 2004, GRANDE PREMIO MARLBORO DE PORTUGAL

Other updates you may be interested in ›