初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カピロッシ、最高峰クラス通算100戦目へ

カピロッシ、最高峰クラス通算100戦目へ

カピロッシ、最高峰クラス通算100戦目へ

ロリス・カピロッシが、シリーズ第11戦ポルトガルGPの決勝レースでMotoGP&500ccクラスにおける通算100戦目を迎える。

95年3月、イースタンクリークで行われた開幕戦オーストラリアGPで最高峰クラスにデビューしたイタリアンライダーは翌年、デビューサーキットの最終戦オーストラリアGPで初優勝を飾った。

97年から250ccクラスに戻ると、98年にはタイトルを獲得。250cc王者として、99年に500ccクラスに復帰すると、イタリア人ライダーとしては初めて地元イタリアGPを制した。

01年には、4度の表彰台と4度のポールポジションを獲得。自己最高位となるランキング3位に耀いた。MotoGP元年となった02年は、NSR500で困難なシーズンを過ごしたが、2度の表彰台を獲得。特に、もてぎで行われたパシフィックGPでは2ストロークマシンとしては、最後の表彰台を奪取した。

03年からは、チャンピオンシップに復帰したドゥカティのMotoGPプロジェクトに参加。第3戦スペインGPでポールポジションを、第6戦カタルーニャGPでは初優勝をイタリアンファクトリーにもたらした。

Tags:
MotoGP, 2004, GRANDE PREMIO MARLBORO DE PORTUGAL, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›