初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドビツィオーソが暫定ポールポジション奪取

ドビツィオーソが暫定ポールポジション奪取

ドビツィオーソが暫定ポールポジション奪取

シリーズ第11戦ポルトガルGPの予選初日が3日、エストリルで行われ、ポイントリーダーのアンドレア・ドビツィオーソが暫定ポールポジションを奪取した。

午前中のフリー走行では昨日の雨の影響があったが、午後からの公式セッションでは気温が上昇。気温24度。路面温度29度のドライコンディションで行われ、終盤には目まぐるしい暫定ポールポジション争いが展開された。

ポイントランク2位のロベルト・ロカテリが、セッションラスト2分過ぎにトップタイムをマーク。マルコ・シモンセリ、ケーシー・ストーナー、シモーネ・コルシらが、入れ替わるように次々にトップタイムを叩きだしたが、最後にはドビツィオーソが1分46秒280をマーク。5度目のポールポジションに向けて好発進した。

ドビツィオーソのチームメイト、シモーネ・コルシがキャリアベストセッションの好パフォーマンスを見せ、トップから僅か0.058秒差の2位に入り、ロカテリ、ストーナーが暫定1列目に並んだ。

暫定2列目には前戦ポールシッターのシモンセリ、前戦の勝者ホルヘ・ロレンソ、スティーブ・イェンクナー、エクトル・バルベラが並び、昨年の勝者パブロ・ニエトと前戦でマラグーティに予選ベストをもたらしたファブリツィオ・ライがトップ10入りした。

Tags:
125cc, 2004, GRANDE PREMIO MARLBORO DE PORTUGAL, QP1

Other updates you may be interested in ›